「農地転用」タグの記事一覧(2 / 9ページ目)

農振除外の必要性

ブログ

農用地区域内の農地を転用するには、まず農振除外手続が必要です。 市街化調整区域の農地のご相談で、けっこう多いご相談です。 農振除外手続は、転用と異なり後から行政に追認してもらう仕組みはありませんので、必ず土地利用の前に行 […]

非農地証明はあくまで例外

ブログ

非農地証明は地目が農地等である土地を、現況に合わせて宅地等であることの証明を取得する手続です。 本来ならば、地目が田などであれば、宅地として利用する場合には農地転用手続が必要です。 農地転用ほど複雑な手続を必要とせずに、 […]

農地法と都市計画法上の手続は別

ブログ

混乱しがちですが、農地法と都市計画法上の手続は全く別です。 農用地区域の農振除外、農地転用が無事に終わったからといって、考えている建築物が建築できるわけではありません。   そこからは、都市計画法をクリアしてい […]

転用において周辺農地への配慮は最優先

ブログ

農地転用などの手続を進めていて常に行政から指摘されるのは、周辺農地への配慮です。 農地法の目的が農業を守ることですから、転用等で現在耕作している農地に影響を及ぼす場合は非常に許可が難しくなります。 周辺農家の方の反対があ […]

農振除外申請をする前に

ブログ

農振除外申請のため、役所の窓口を訪れて除外後の用途について説明する機会があります。 その際、必ず聞かれるのが、農用地区域以外の土地で同じ用途での活用はできないのかという点です。 農振除外の要件でもあります。 申請書面にも […]

農地転用許可が必要な売買契約

ブログ

農地を購入する際、転用許可が必要な場合は通常条件付の契約書を交わします。 売買契約はするが、効力が発生するのは転用許可が下りた後にする停止条件付の契約か、売買契約は有効に発生させるが、転用許可が下りなかった場合は契約の効 […]

農業するなら、農業委員に教えを乞う

ブログ

農地を取得して新規に農業を行う場合です。 元々農家であった場合は別として、ノウハウがない場合は、農地法の手続の際に知り合った農業委員と仲良くなるという手があります。 というのも、農業委員の中にはその地域で農業を営まされて […]

Q 永小作権とは何ですか?

農地手続Q&A

他人の土地を耕作または牧畜をする権利です。 永小作権の存続期間は、20年以上50年以下にする必要があります。 現在、ほとんど使用されることのなくなった権利です。 永小作権を使用するより、賃借権や地上権を設定したほうがよい […]

ページの先頭へ